Top / APAXPOWER?

APA'X ATV 製造過程説明

Q. APA'X POWER ATVは、他社の車両と見た目は変わりないが
何故こんなに調子がいいのか?

<エンジン>

業界初!!

20100319-126.jpg

本物ホンダのOEM工場・ジャーリンホンダよりOEM供給を受けているAPA'Xパワーエンジンを搭載しております。
(2007年後期モデルより)
2007年9月より日本国内で施行された排ガス法をクリヤーするにはホンダの4サイクルエンジンでないと不可能です。
キャブレターには、中国ミクニを搭載しました。

似ているようなエンジン(コピー)ではありません。
エンジンには、APA X'POWERAのロゴが入っています。

 
20100319-109.jpg

≪弊社ATV50ccエンジン情報≫
エンジントルク:3,2N.m/(r/min)[5000±500]
エンジン出力:2.0kW/(r/min)[7000±500]
排気量:49.5cc
タイプ:空冷、4ストローク、OHC、単気筒
圧縮比:9.5:1
ボア×ストローク:39×41.4
アイドリング:1700±150(r/min)
最低燃料消費率:<367(g/kw.h)
点火方式:CDI
スターター:セル&キック
トランスミッション:3速バックギア付き
変速比:1速:3.18、2速:1.76、3速:1.04、バック:2.58

<電装系>

「キャブのセッティング」「電装系の不具合」「バッテリーがよく上がる」と他社では聞きますが、基本設計、性能が違います。
中身の構造そのものが違います。

20100319-120.jpg

発電は、常に安定して供給。
フライホイールの品質も違います。
エンジンには、キックを搭載しているため長期間乗らなくてバッテリーが上がっても楽々エンジン始動ができます。

20100319-121.jpg

他社のATVの方にも、ジェネレーターなどの部品だけの供給からエンジン単体の供給も出来るようになっております。

<部品供給~生産完成までの流れ>

20100319-111.jpg

部品調達も徹底的な品質管理にこだわり、フレームはフレーム工場にて通常より多いジグ加工、確認及び変更などをおこなっています。
もちろん毎オーダー時、日本から日本人スタッフが現地で確認。
だから安心の高品質。

20100319-110.jpg

溶接組み立て後、サンドブラストによる表面処理をおこない、さび止め塗装。
そして、通常の塗装も2重におこなっております。

<他の部品の検査。>

20100319-112.jpg

ガソリンタンク、電装系などのチェック方法は大変シンプルです。
まずは、各部品工場の出荷点検。そして入荷後の点検。
そして、抜き打ちで間引き点検をおこないます。
もし、不具合が出た場合でも単に交換をするだけではなく原因の究明、対策、次の商品へのフィードバックをおこない常に商品の向上を目指しております。

<タイヤ&ホイール>

20100319-113.jpg

タイヤホイールなども供給後 1本ずつ点検し、駄目な物はどんどん間引きしていきます。
まずは、人力確認。そして、改善を繰り返します。
もちろん毎オーダー時、日本から日本人スタッフが現地で確認。
だから安心の高品質。

<部品の組み付け>

20100319-114.jpg

日本人スタッフ監視のもと現地にて一緒に組み込んで行きます。
当然、QC工程表を日本で作成して工程表に基づいて組み立てをおこないます。
組み立ての際での検品では、車台番号。検査人のサインをしていますので組み立て後の不具合などでも、どの段階で何がおきたか等、次への改善に繋がるよう工夫をしております。

20100319-115.jpg

もちろん毎オーダー時、日本から日本人スタッフが現地で確認。
だから安心の高品質。

<走行テスト>

20100319-117.jpg

完成後は全車必ず走行チェックを行っています。
(写真はテスト走行中の写真です。)

20100319-116.jpg

<不具合の発生。>

20100319-118.jpg

実際にチェック中に不具合がでます。その際には部品メーカなどを現地に呼び、現状をチェックしてもらい部品の交換を行います。
もちろん、単なる交換だけではありません。
不具合の原因の究明。今後の対策改善を部品メーカー、工場技術者、日本人スタッフで協議します。

<梱包>

20100319-119.jpg

他社の格安商品はベルトコンベアーで流れ作業で組み立て、そのまま梱包。という形をとられています。
APA X''POWER は、すべて組み立てて走行テストを行ってからまた梱包のために分解をする。という行程をおこなっています。

20100319-123.jpg

たしかに、コストは上がりますが我々が納得した物だけを供給したいと思っております。

<出来上がり>

20100319-124.jpg

よく「輸入車ですので運搬中に起こる小傷などはあります。」
という言葉を耳にします。
たしかに、以前はその通りでした。私たちは輸入車のせいにしたくはありません。

傷のつきやすい部分等への養生(保護シール)で対応。
各部部品は豊富に日本でストックして対応ができるようになっております。
輸送時の梱包もかなり気を使っております。

まずは、実車をご覧になって比べてください。
(もちろん、他社を扱っている業者さんも歓迎します。代理店募集です。)
ネットなどの格安類似品とは全く違う物ということが分かるかと思います。


※人が乗って運転する物ですから安くて粗悪なコピー品では危険です。
気をつけてください。


ANSWER
だから安心の品質APA X''POWER ATV

本社は台湾です。
製造は中国工場です。
2007年10月中国政府の政策として「製造許可」が必要になりましたが、 もちろん、製造許可を取得した認証工場になっています。
そして、日本人監督による厳しい製造確認。

日本輸入後も、厳しい組み立て条件に基づいて整備。
代理店も代理店制度(組み立てテスト、保証体制、基本知識)などを設けて、厳選した代理店のみが取り扱うことができるATVです。

*代理店より先の取次店などで、いい加減な販売などをおこなったことが判明された場合。
警告もしくは販売停止などの制度もおこなう体制を取っております。